光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

現在日本での脱毛には、大きく分けて2種類の脱毛方法が存在します。

どちらも肌に直接照射を行うことで脱毛効果をもたらすため、一見違いはないように思われがちですが、その効果や脱毛価格、施術の傷みなど、実は脱毛方法によってまったく異なるものなのです。
納得のいく脱毛のためには自分に合った脱毛方法を選ぶことが大切です。

それぞれの脱毛の特徴やメリット・デメリットをしっかりと把握し、自分の希望に沿った機関での脱毛を行うようにしましょう。

光脱毛について

光脱毛とは

光脱毛は現在主流ともいえる脱毛方法で、サロンの数も年々増え続けています。

その名の通り、機械によって肌のメラニン色素に直接光を照射する脱毛方法で、毛の成長スピードに合わせて光を照射することで毛の再生力を弱らせるといった仕組みです。
機械の出力が低いため、医師免許のないエステティシャンでも施術を行うことができ、頭の先からつま先まであらゆる毛に作用させることができます。

出力が弱いため、1~2年ほどにわたって通う必要がありますが、長期にわたって継続的に通うことで何もしなくても毛が生えてこなくなるくらいまでに脱毛を行うことができます。
痛みも少なく、肌への影響も比較的少ないため、敏感肌の人でも施術を受けることができ、現在では小学生などでも簡単に施術を受けることができるまでになっています。

近年では美肌効果をもたらす方法を取り入れているサロンもあり、生まれつき肌が弱い人や今まで脱毛を行ったことがないといった脱毛初心者にもおすすめの脱毛方法です。

光脱毛の特徴(メリット・デメリット)

光脱毛の一番のメリットは痛みの少なさでしょう。

脱毛と聞くと痛みを伴うものというイメージが強いですが、光脱毛の場合、照射力がもともと低いためほとんど痛みを感じることがありません。
部位によっては痛みを感じるところもありますが、それも微々たるものでしょう。

まったくの初心者や痛みに敏感な人、子どもでも施術を受けることができるほど、痛みを感じにくい方法となっています。
肌荒れを起こす可能性も低いため、敏感肌な人でも受けられる脱毛方法です。
またレーザー脱毛に比べ、価格が安いのも光脱毛の特徴です。
全身脱毛であっても10万程度で行えるサロンも多く、学生でも気軽に始めることができるでしょう。

キャンペーン価格を設定しているサロンも増えており、一部位だけ脱毛したいといったような人でも簡単に施術を受けることができます。

一方で完全に脱毛を終えるまでに時間がかかるのが光脱毛のデメリットでしょう。

光脱毛は毛の成長スピードに合わせての施術となるため、一回施術を受けると次回は毛が生え変わってくる2、3ヶ月間後の予約となります。
加えて医療行為ではないため、正式に言うと永久脱毛といった方法ではありません。
照射力もレーザーに比べると弱いため、最初は脱毛の実感を得るまでに時間がかかってしまうでしょう。人によっては脱毛効果に納得できるまで、2年ほどかかってしまうこともあります。

メリットとデメリットを考慮すると光脱毛は、今すぐ脱毛する必要のない人や、とにかく安く脱毛をしたい人、痛みが苦手だという人にとってはおすすめの脱毛方法といえるでしょう。

脱毛完了までに期間がかかるとはいえど、最近では時間がかかっても、脱毛に納得するまで定額で行ってくれるサービスや、最初にお金を払うだけで何回でも通えるサロンも増えてきています。
無料カウンセリングといったような場を設けているサロンも多いため、脱毛を検討している人、光脱毛が気になる人は一度相談してみると良いでしょう。

医療レーザー脱毛ついて

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とはその名前のとおり、医療機関でのみ施術を受けることができる脱毛方法です。

医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは、サロンの光脱毛で使用されるものに比べて照射のパワーが高く、より高い脱毛効果を得ることができます。
直接的に毛根にレーザー照射を行う方法なため、毛根から毛を焼き切ることができ、次第に毛が生えてこなくなるという仕組みです。

それだけ強力なレーザーによる治療となるため、万が一の場合でも処置ができるよう、現在は医療機関のみでの取り扱いとされています。

医療レーザー脱毛は、短期間で脱毛効果を感じることができ、回数によっては完全に毛が生えてこなくなる永久脱毛を行えることが特徴です。
永久脱毛にも匹敵する強力なレーザー治療となるため、光脱毛に比べて痛みを伴う確率が高く、肌が弱い人や敏感肌の場合は施術が受けられない場合もあります。

とにかく早く脱毛をしたい方や、永久脱毛を行いたい人におすすめの脱毛方法です。

医療レーザー脱毛の特徴(メリット・デメリット)

医療レーザー脱毛における一番のメリットは、その脱毛効果の高さでしょう。

光脱毛で使用する機器よりも、照射力の高いレーザーを直接的に毛穴に照射するため、短期間で脱毛の効果を感じることができます。
早い人ですと1,2回通っただけで毛が生えてこなくなったという人もいるほど。
繰り返して通うことで永久脱毛も可能ですので、とにかくムダ毛とおさらばしたいという人にはおすすめの方法です。
また短期間で完了できることから、忙しくて脱毛に通う暇がない人や、とにかく早く脱毛を行いたい人にとっても最適な方法といえるでしょう。

しかし効果が高い分、もちろんデメリットも存在します。
ーザー脱毛におけるデメリットといえば、施術時に感じる痛みの大きさでしょう。
強力なパワーで直接毛根に働きかける脱毛方法ですので、人や部位によっては耐えられない痛みを感じることも。

最近ではそんな痛みを軽減するための麻酔なども導入されているため、痛みに弱い人は一度相談してみるのも良いでしょう。
麻酔以外にも、医療機関での脱毛になるため、万が一のトラブルがあったときに診療を受けることができるのはレーザー脱毛のメリットのひとつといえるかもしれません。

またレーザー脱毛のデメリットのひとつとして、施術の料金が高いことが挙げられます。

レーザー脱毛は機械自体の価格が高額であるため、脱毛の料金を比較的高めに設定している機関が多いのです。
医療行為として扱われていますが、保険適用になるケースは少ないでしょう。

そのため全身脱毛になると光脱毛の5倍、6倍といった価格になることも。
とはいえレーザー脱毛の場合、脱毛に通う回数は少なく、効果も高いため、トータルするとあまり光脱毛と金額が変わらなかったという人も多いようです。

レーザー脱毛の場合、敏感肌であったり、脱毛で肌トラブルがあった経験のある人は施術を受けられないこともあります。
自分の肌質や脱毛への希望をしっかりと考えた上で、自分に合った脱毛方法を選択したいですね。

部位別メニュー